2016年10月16日

偉大なる英雄逝く偉大なる

今年は映画界にとって不幸な一年です. 先日のヒース・レジャーやブラッド・レンフロの自殺、アンソニー・ミンゲラ監督の死に続いて今日入ってきたのがチャールトン・ヘストンが84歳にてお亡くなりになられたというニュースです. 御歳から考えても老衰なのかも知れませんが、彼自身以前アルツハイマー病の兆候があることを告白していたこともあって詳しい原因は今のところは不明です. しかし一時代を築いた俳優であり、かつてはアメリカンヒーローの象徴的存在だった彼の死は映画ファンにとっては深い悲しみです. チャールトン・ヘストンの代表作といわれれば、やはり『ベン・ハー』と『猿の惑星』でしょう. 最近の作品ではオリバー・ストーン監督作品の 『エニイ・ギブン・サンデー』 で老オーナー役で渋い演技を見せてくれたりしていましたが、個人的に一番印象的だったのはマイケル・ムーア監督の問題作 『ボウリング・フォー・コロンバイン』 ですよ. ナイキ dunk あの当時はまだ銃規制に激しく抵抗する全米ライフル協会の会長としてマイケル・ムーア監督のアポなし取材に応じていましたが、実際にあの映画で描かれていた彼は銃社会アメリカを守ろうとする強き存在ではなく、銃被害と銃規制の因果関係についてのマイケル・ムーア監督のインタビューにはっきりと答えれない存在として描かれていましたよね. ティンバーランド 最後に彼が自宅へと帰っていく後ろ姿がヨボヨボの老人に見えてしまうような編集に、かつての強きアメリカの象徴が消えていくような感覚が未だに鮮明に残っています. ちなみにティム・バートン監督によるリメイク版の『猿の惑星』が作られると決まった時はチャールトン・ヘストンにも出演の噂があったそうです. しかし単なる噂だけだったのか、それともチャールトン・ヘストン自身が年齢的なことや体調面でのことで断られたのか、彼の出演が実現しなかったのは映画ファンとしてはちょっと淋しいことですよね. berjaliri (←ミツさんからのご指摘で出演していたことを思い出しました! ごめんなさい、すっかり忘れていました! ) まぁハリソン・フォードは映画への興味がだんだんと薄れ、田舎で自家用ヘリを操縦することの方が楽しいという理由で『スター・ウォーズ』新三部作には出演しなかったそうですが、チャールトン・ヘストンにはカメオ出演だけでもいいから出てほしかったものですよ. 今年に入ってまだ4ヶ月しか経っていないのに、映画界は次々と貴重な才能を失っていく現実. チャールトン・ヘストンには安らかに眠っていただきたいと思うと同時に、業界も脚本家協会とのいざこざみたいなことは二度と起こらないようにしていただいて、映画界を支える新しい才能の育成に本腰を入れてほしいものです. 深夜らじお@の映画館 はチャールトン・ヘストンの渋さが大好きでした.
posted by AraiRanran at 09:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

asahi.com(朝日新聞社): 綱と

大相撲秋場所(11日初日)の取組編成会議が9日、国技館であり、綱とりをかける大関日馬富士は初日に小結豊ノ島、2日目に隠岐の海と対戦することが決まった. 20度目の優勝を目指す横綱白鵬は小結阿覧、豊真将の挑戦を受ける. 大関昇進を狙う琴奨菊は若の里、嘉風、鶴竜は豪風、若の里と顔を合わせる. infetever ナイキ Free Run 十両碧山が休場する.
posted by AraiRanran at 09:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

阪神1位・岩貞「虎ファンの期待応える小田奈美」

阪神の1位指名を受けた横浜商大の岩貞は「不安でどきどきだった」とほっとした表情を浮かべた. 小学4年で野球を始め、必由館高(熊本)2年の時に投手に転向した. 最速148キロの直球に、カットボールが武器で、憧れは同じ左腕の阪神・能見. 「高校時代に縁がなかった甲子園を本拠に戦えるのはうれしい. 日本一熱いといわれるファンの前で期待に応えたい」. ドラフト会場から駆けつけた和田監督から「能見を超える投手に」と激励されると、「プロの世界に飛び込んで早く一線で活躍したい」と力強かった. ドラフト特集 ◇ 「岩貞君が(3度目の1位指名まで)残っていてくれて非常にラッキーだった. 三度目の正直だね. 岩貞君は能見と似たタイプの左投手. 慰安婦問題は「人道問題」 韓国大統領、日 ナイキ Free Run 1年目からローテーションに入る力をもっている.
posted by AraiRanran at 03:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。